9/27 はにがれ#14

今日はいろいろとお知らせがある、盛りだくさんな日です!!

■まずは、本日9月27日は電撃マオウ11月号の発売日です。
「熱帯魚は雪に焦がれる」第4話掲載されてます!ものすごく続きが気になるような、ドキドキの4話です。そして次号予告に載ってますが、来月発売の12月号はセンターカラーをいただきました。さらに直筆サイン色紙プレゼント企画もありますよ~!

   

色紙ちら見せ
 

■コミックウォーカーにて第3話前編が更新されました。
小夏、小雪に加えて楓も可愛い回です。是非!
 

http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01100045010000_68/

■今週の描きおろし
  
こちらも次回(来週10月4日更新)へ続きます!

■自己満足で書いてる映画雑談、毎週更新していこうと思ったのですが今週はいろいろ被ってしまって長くなるので、次週に紹介します(^-^)/

9/20 はにがれ#13

 

 

今週は「熱帯魚は雪に焦がれる」ができる前の、初期の試作段階のネームを公開します。
3話のベースにもなっていますが細かい違いがあるので見比べてみてください。

コミックウォーカーもおまけイラストが更新されています!
来週は電撃マオウ11月号発売日。はにがれ4話も掲載されますが、今までで一番ドキドキな展開です!
お楽しみに~

http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01100045010000_68/

★きまぐれ映画雑談
「ダンケルク」凄かったですねー。
もうノーラン的なことは言うまでもないと思うんですが、映画の大半目しか出てなくとも
圧倒的に存在感を魅せたトム・ハーディや、「ブリッジ・オブ・スパイ」で助演男優賞も受賞した
マーク・ライランスの一歩引いて周りを立たせる演技力は流石でした。

ダンケルクは多くの映画から影響を受けていると公表されていますが、
F.W.ムルナウの「サンライズ」もその中の一本。

田舎に住む新米夫婦、夫は都会からやってきた女に虜になってしまう。女は妻を殺すよう、彼の耳元で悪魔のように囁くが…

サイレント映画はもともと字幕が少ないので、状況を説明するためには映像で勝負するしかないんですが
この映画はサイレント映画の集大成や傑作と呼ばれるほど。
夫は妻を小舟に乗せてどんどん湖を漕いで行く、ふらふら立ち上がり襲おうとしたところの男の背中、鐘の音。
小舟のシーンは見事でした。
あらゆる映画人に影響を与えたとして有名ですが、洋画のルーツを辿っていくとやっぱりこういう
古い作品が上がってくるし、どんなに古くとも色褪せず面白いと思うのです。

9/13 はにがれ#12

  
熱帯魚は雪に焦がれる3話ネームより。
以前よりぼやけた感じになってますが(これでも少し補正かけています)
今回からipad pro+Procreateで作業しています。


こんな感じ。

—————————–
★きまぐれ映画雑談

『ギフト 僕がきみに残せるもの(原題:Gleason)』
すっごく良かったです。
ALSになった元アメフト選手が、産まれてくる子供のために撮影したビデオメッセージを
映画にしたドキュメンタリー。ALSと言えばホーキング博士と同じ病気です。
人工呼吸をつける延命処置は高額な費用がかかることや24時間管理体制になることから
95%の人は手術を受けないそうです。そんな中、手術を受けたグリーソンさんは
同じ病気の人たちのために団体を立ち上げ、今でも精力的に活動されているそうです。

※年内にギフテッドという映画も上映されますが、別物。

9/6 はにがれ#11

小夏の好奇心。
—————————–
★きまぐれ映画雑談


『キングス・オブ・サマー』
家庭関係に窮屈さを感じているジョーと親友のパトリック、ひょんなことから出会った
不思議少年ビアジオの3人が森に建てた一軒家で過ごす一夏の思い出。
光を美しく取り込んだショットの数々でそのまま写真にして並べたいくらい。
ストーリーはそんなに深くないけど、監督の欲しい画がしっかり映像で表現されていて
やりたいことをやり切った映画ですごく好きでした。